外付けhddでデータ保護~安心してお守りするハートプラン紹介~

理由から見つける問題点

HDD

最近ではSSDを取り扱う人は増えていますが、値段の問題によりhddを購入する人も増えています。外付け出来るデータ保存であり手軽ですが、サイズが小さいので破損しやすくなっています。万が一の不具合は、データ損失の原因ともなります。

詳細を確認する...

リーズナブルな価格

外付けhddの価格の変化

HDD

外付けhddがどんどん安くなっています。以前は500GBで一万円前後の価格で販売されていたものが、今では1TB出会ってもその価格よりもはるかに安い価格で外付けhddを購入することが出来るようになりました。 その背景には、hddよりも動作が素早いSDDが登場したことが大きく影響しています。今ではまだSDDの価格は外付けhddに比べると高額ですが、容量が少ないので大量のデータを保存したいという方には外付けhddが向いています。 パソコンの購入に際しても1TBが標準となりつつあるので、それに加えて予備として外付けhddを購入する消費者が増えているのです。このように、価格がどんどんと下がっている今が買い時です。

外付けhddの歴史と変遷

デスクトップ型やノート型のパソコンに外付けして使用する外部記憶装置の外付けhddは、1980年代に登場し、実はパソコン内臓型のhddよりも早く登場しています。その訳は、当時の磁気ドライブの価格が高価で、また磁気ドライブ自体の大きさが大きすぎてパソコン本体内に内臓できなかった為です。 1980年代に登場した初期の外付けhddはかなり大きなものでしたが、のちに5.25インチのものが国内家電メーカーから販売され、徐々に普及していきました。さらに1980年代後期になると3,5インチが登場し、パソコン内臓型が主流となっていきます。そして2000年代に入るとデスクトップ型よりもノート型のパソコンが主流となり、それに伴い外付けhddも多くの製品が登場するようになって、大容量化と小型化が同時に進んでいきます。また、この頃から小型で持ち運びやすいポータブル型が各社から販売されるようになり、価格が下がって、広く普及することになりました。 現在はテレビに直接、接続してビデオを録画する方法に使われている他、テレビやパソコン、スマホなど複数の家電製品で共有するネットワーク型ものも登場しています。

不具合への対応方法

HDD

hddの不具合は、専門の修理業者へ依頼するのが最適です。不具合だけでなくパソコンも破損してしまう恐れがあるので、大事なデータを守るためにもプロのタイプが重要となります。それに加え自分でも出来る対応策を考えておきましょう。

詳細を確認する...

初心者でも簡単な活用法

HDD

hddは初心者でもコピーすることができ、その方法は様々です。hddによっても方法は異なりますが、外付けの場合はゲーム機やテレビでも簡単に行なうことが出来ます。データを守るためにも、事前のコピーは重要です。

詳細を確認する...

Copyright ©2015 外付けhddでデータ保護~安心してお守りするハートプラン紹介~ All Rights Reserved.